※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。


禅文化研究所 >> 伝記・歴史書


伝記・歴史書

中国や日本の禅宗史、禅僧の年譜、禅僧列伝など。

22件中1-22件を表示

新編 白隠禅師年譜

5,400 円(税込)
◆白隠禅師二五〇年遠諱を記念して、改めて顕彰
      ―白隠禅師の人間性が浮かび上がる
 
編著 芳澤勝弘
A5判 上製本 カバー装
752頁 
ISBN978-4-88182-291-3 C0015

新版 明治の禅匠

2,700 円(税込)
平成21年7月17日発売
ISBN978-4-88182-244-9
46判/上製/360頁

幕末から明治維新、そして廃仏毀釈の激動の時代に、命がけで禅の法灯を紡いでこられた宗匠方の記録。待望の復刻新版。

栄西 -千光祖師の生涯-

1,404 円(税込)
平成21年11月4日発売

著・宮脇隆平(元・博多聖福寺執事)
B6判並製/336頁

ISBN978-4-88182-247-0 C0015

栄西の道

1,404 円(税込)
平成25年4月2日発刊
九州・鎌倉・京都など国内だけでなく中国本土にも到る栄西禅師の足跡をたどる著者の旅は、足掛け十年にもわたり、いつしかライフワークとなっていた。
現代版栄西禅師足跡ガイドブックともいうべき一冊!

著・宮脇隆平(元・博多聖福寺執事)
B6判並製/308頁

ISBN978-4-88182-271-5 C0015

【栄西と臨済禅】(別冊太陽 日本のこころ)

2,808 円(税込) [送料別 340円]
【栄西と臨済禅】(別冊太陽 日本のこころ)

-栄西禅師800年大遠諱記念-

鎌倉時代に中国に渡海し、日本で最初に禅宗をもたらした僧・栄西。禅師800年大遠諱を迎え、その生涯と事績、没後に確立した多岐にわたる臨済禅の全貌を紹介する格好の入門書。

平凡社 刊
禅文化研究所 (監修
2014年3月1日創刊
ISBN 978-4-58292-215-8

*栄西禅師関連書籍もあわせてどうぞ。

訓読 五灯会元 全三巻

54,000 円(税込)
―中国禅宗祖師の列伝―
訓読・能仁晃道
平成18年12月8日発売
B5判上製函入・平均700頁・分売不可
ISBN978-4-88182-215-9 C0015

清骨の人 古月禅材 

3,564 円(税込)
能仁晃道著
平成19年6月11日発売
A5判・348頁
ISBN978-4-88182-222-7 C0015

−その年譜から近世禅宗史を読む−
「鎮西の古月・東海の白隠」と並び称されながらも、ややもすれば、白隠禅の巨大な陰に隠されがちな古月禅材。
本書は、古月及び他の禅僧の関連史料を博捜して新たに編成した「古月年譜」から、古月の禅風と、古月が近世禅宗史上に果たした役割を探ろうと試みたものである。
付録として、「近世禅宗史寸考」を収める。

元代禅宗史研究

9,720 円(税込)
禅を中心に纏められた、はじめての「中国元代の仏教研究」
野口善敬著
A5判上製本ケース入り 約700ページ
ISBN978-4-88182-203-6 C0015
残部僅少

新日本禅宗史〈時の権力者と禅僧たち〉

4,104 円(税込)
竹貫元勝
ISBN978-4-88182-148-0 C0015

訓読『近世禅林僧宝伝』 全二巻

37,800 円(税込)
能仁晃道訓注
ISBN978-4-88182-160-2 C0015

隠元禅師年譜

7,560 円(税込)
能仁晃道編
ISBN978-4-88182-129-9 C0015

寂室元光の生涯 -死して巌根にあらば骨も也た清からん-

1,944 円(税込) [送料別 300円]
臨済宗永源寺の開山である寂室元光(1290~1367)は、生涯を通じて大刹に依らず、名聞利養を否定し、また知的で洗練された文藻を備えた、日本禅宗史上希に見る純粋清烈の僧として名高い。映像作家であり「臨床僧の会・サーラ」事務局長でもある著者が、桁外れにスケールの大きなその生涯を、小説のかたちでたどる。

児玉修 著
思文閣出版発行

四六判/375頁
ISBN 978-4-7842-1750-2 C0093



*他社商品につき、300円の送料を頂戴しております。

学聖 無著道忠

5,400 円(税込)
飯田利行
ISBN978-4-88182-058-2 C0015

本覚国師虎関師錬禅師

5,242 円(税込)
今泉淑夫 早苗憲生編著
ISBN978-4-88182-110-7 C0015

禅僧たちの室町時代−中世禅林ものがたり

4,104 円(税込) [送料別 300円]
平成22年10月10日発売

著・今泉淑夫
四六判/上製/288頁
吉川弘文館発行
ISBN978-4-642-08039-2 C1015

−室町時代の禅宗集団の修道・修学の姿と堕落・退廃の実態−
中国の影響を受けて日本化しながら定着した禅宗世界の中で、僧たちはどのように生き、老いていったのか。
禅林の公務日記『蔭凉軒日録』ほかの史料の記事から、室町禅林の多様な成熟と退廃を読み取り、その実態に迫る。

*他社商品につき、300円の送料を頂戴しております。

近古禅林叢談

21,600 円(税込)
森 大狂
ISBN978-4-88182-059-9 C0015

続・純禅の時代 −祖堂集ものがたり−

2,160 円(税込)
柳田聖山著
ISBN978-4-88182-041-4 C0015

純禅の時代 −祖堂集ものがたり−

2,160 円(税込)
柳田聖山
ISBN978-4-88182-033-9 C0015

人物中国禅宗史

1,620 円(税込)
−ノスタルジアとしての禅者たち−
西村惠信著
ISBN978-4-88182-045-2 C0015

明治の禅匠

3,240 円(税込)
禅文化研究所編
ISBN978-4-88182-014-8 C0015

韓国仏教史

3,240 円(税込)
金泰著 沖本克己監訳
ISBN978-4-88182-043-8 C0015

訓読 元亨釈書 全二巻

43,200 円(税込)
虎関師錬 原著
藤田琢司 編著

平成23年11月21日発売
B5判/総1630頁 上製本函入り/分売不可
ISBN978-4-88182-262-3 C0015

現存する我が国最古の総合的僧伝を完全訓読
初の詳細解説付