※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

  最新刊行物DMパンフ(2017年春・夏号)はこちら(PDFファイル)からご覧いただけます。

禅文化研究所 >> 新刊・近刊のご案内


新刊・近刊のご案内

禅文化研究所発行の新刊・近刊をご紹介。

12件中1-12件を表示

江湖法式梵唄抄 改編版

5,400 円(税込)

2018/4/20発刊 ご予約受付中


住職の必携本。豊富な写真・図版によって、江湖の法式を指南する。

編集 禅文化研究所 臨済宗経典研究会
監修 吹田良忠

季刊 禅文化 248号

1,296 円(税込)
2018年春号 4月25日発刊
―特集― 戦国武将と禅僧

白隠さんと仙厓さん〔図録〕

1,500 円(税込) [送料別 300円]
江戸時代に数多くの禅画と墨蹟を遺し、いまもなお多くの人々を魅了し続ける二人の禅僧、駿河(静岡)の白隠さんと博多(福岡)の仙厓さん。筆と墨を用いてそれぞれが描き表そうとした、禅のこころとかたちをご紹介。

平成30年1月1日〜2月12日にかけて、九州国立博物館にて開催された展観の図録です。

発行:九州国立博物館
展覧会協力:臨済宗黄檗宗連合各派合議所、臨済宗妙心寺派、西日本新聞
A4判/56頁

訓注 懶齋集 全二巻

27,000 円(税込)
鉄山宗純禅師400年遠諱記念刊行

鉄山宗鈍禅師(1532~1617)の語録に、訓読、注記、及び意訳を施したものである。禅師の400年遠諱を記念して、平林寺から刊行された。
訓注・能仁晃道
発行・平林寺

妙用禅師遺徳集

6,480 円(税込)
貴重な『鵞王毒涎』および『蘇山喬和尚語録』の影印、テキストデータCD付き

蘇山玄喬禅師の150年遠諱に徳源寺および縁の深い見性寺・円福寺・多福寺蔵の個性溢れる遺墨などを収録し、徳源寺より記念刊行された図録を特別頒布。
発行・徳源寺

『臨済録』研究の現在

12,960 円(税込)

2017/6/30 発刊


臨済禅師1150年遠諱記念国際学会論文集

世界から集められた臨済禅師と『臨済録』を主題とする最新の研究成果の集大成。

編集・禅文化研究所

禅語こよみ 2018年  【野火止の平林寺所蔵品より】

540 円(税込) [送料別 100円]
禅語こよみ 2018年 【野火止の平林寺所蔵品より】

【表紙・富士山図(狩野安信筆/江戸時代〈17世紀〉)】
士峰 影落つ 碧波の上
一葉の漁舟 雪に掉さして帰る
(平林寺中興開山鉄山宗鈍禅師「富士川の船上に於いて」詩)

七里ヶ浜 波間に富士の かげ見えて
小舟漕ぎゆく 山の頂き


埼玉県野火止の禅刹、金鳳山平林寺は、永和元年(1375)、武蔵野の岩槻において石室善玖(1294-1389)を開山に迎えて開創され、近世初頭には鉄山宗鈍(1532-1617/昨年400年遠諱に正当)が中興した名刹。その後、檀越・松平信綱(1596-1662)によって現在地に移された。広大な境内林は武蔵野の面影を現在ものこし、臨済宗の専門道場としても知られる。
今年の「禅語こよみ」は、禅文化研究所のデジタルアーカイブス事業として、同寺所蔵の宝物悉皆調査を行なった中から、逸品を使用させて頂いた。



年始年末のご挨拶用などにどうぞ。
100部以上のご購入の場合は、寺名・社名等の刷込印刷をサービスいたします。
ご要望お待ち致しております。

無文老師法話集【禅を聴く】 CD版全6巻

21,600 円(税込)
平成27年7月1日発行
CD版 全6巻(分売不可)
発行・アートデイズ

昭和を代表する名僧・山田無文老師が語る、仏法とは、禅的な生き方とは・・・。
『無門関』より1遍、碧巌録と講演を各2遍収録。
昭和40年代の、無文老師の気迫に満ちた貴重な肉声をお聴きください。

*音源提供:禅文化研究所 

白隠和尚荊叢毒蘂 乾

16,200 円(税込)
【白隠禅師の漢文語録、初の完全訓注と現代語意訳】
  
本書は白隠慧鶴禅師の漢文語録である『荊叢毒蘂』全九巻、および『荊叢毒蘂拾遺』一巻、それに編者の考えで補充した補遺、そして、これに単著として刊行された『宝鑑貽照』を、付録としておさめ、訓注し現代語訳したものである。
現存する各種書き入れ本を参考に訓注し、また近年、訳註者自身の研究成果をふんだんに盛り込んだ綿密な注釈により、白隠研究の集大成ともいえる一書。

*本書は、臨済宗黄檗宗連合各派合議所の臨済禅師一一五〇年・白隠禅師二五〇年遠諱事業による出版助成を受けて刊行します。



訳注 芳澤勝弘
A5判 上製本 カバー装
巻1~6 総1148頁 
ISBN978-4-88182-281-4 C0015

白隠和尚荊叢毒蘂 坤

16,200 円(税込)
【白隠禅師の漢文語録、初の完全訓注と現代語意訳】
 
本書は白隠慧鶴禅師の漢文語録である『荊叢毒蘂』全九巻、および『荊叢毒蘂拾遺』一巻、それに編者の考えで補充した補遺、そして、これに単著として刊行された『宝鑑貽照』を、付録としておさめ、訓注し現代語訳したものである。
現存する各種書き入れ本を参考に訓注し、また近年、訳註者自身の研究成果をふんだんに盛り込んだ綿密な注釈により、白隠研究の集大成ともいえる一書。

*本書は、臨済宗黄檗宗連合各派合議所の臨済禅師一一五〇年・白隠禅師二五〇年遠諱事業による出版助成を受けて刊行します。



訳注 芳澤勝弘
A5判 上製本 カバー装
巻7~9 総1252頁 
ISBN978-4-88182-282-1 C0015

禅の至宝 禅文化研究所所蔵品図録

12,960 円(税込)
平成26年10月10日発刊

禅文化研究所創立50周年を記念して刊行。

編集・禅文化研究所
A4判/上製カラー/306頁
掲載総点数265点
ISBN978-4-88182-280-7 C0015

坐る-白隠禅師坐禅和讃を読む

1,404 円(税込)
平成26年6月12日発刊

白隠禅師の“坐禅和讃”に込められた大慈悲を、著者が懇切丁寧にひもといた一冊。禅語、坐禅の本と共に座右の書としてお勧めします。
平成22年7月30日発売/日本図書館協会選定図書



著・西村惠信(前・花園大学学長/禅文化研究所所長)
B6判並製/210頁
ISBN978-4-88182-278-4 C0095