※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 白隠禅師の本 >> 白隠禅師法語全集 第2冊 於仁安佐美 巻之上・巻之下

白隠禅師法語全集 第2冊 於仁安佐美 巻之上・巻之下

商品番号
ONI
2,700 円(税込)
数量:
白隠禅師が修行に臨む心得・方法を説かれます。その言葉は奥深く、僧俗問わず修行の現代的意義をも示唆します。相手が誰であれ、変わらず正道を説く白隠禅師のあり方に、我々も学ぶ所が多々あるでしょう。
訳注 芳澤勝弘 四六判 1999.7 発行
ISBN978-4-88182-132-9 C0015

【本文より抜粋】
お二人方様におかれましては、どのみち世間をお捨てになった出家の御身の上ですから、夏冬の御衣装も、朝夕のお食事にしても、何につけても質素になされますよう。たとえ多くの御馳走が御前に並べられても、その中の御気に入りになった一品だけを召されることです。またどうか、麻衣に綿の御小袖になされ、よろず質素に宿世の善果を失わず来生の菩提のための糧を残し貯えられますよう、ひたすらお祈りします。御給仕の人も、一度の御膳に五人も六人も侍るのは、いかにも騒々しい大層なことです。下々の者から見れば、いかにも豪華で結構なことに思いましょうが、恐れながら、み仏の御教えには少しも叶いません。どうか、毎日交代で一人ずつとお決めになり、残りの四人には誦経書写などの善事を勤めさせられますならば、菩薩道にも叶い、下化衆生にもなろうかと思います。



友達にメールですすめる

【もくじ】
おにあざみ 巻の上 (意訳)
禅宗を荒廃させた黙照邪禅の輩/雲棲 宏や鼓山元賢の念仏禅/伝灯の祖師は浄土の教えなど説かず/黙照禅の批判/体を損なうのが修行ではない/独力で安悟りした者の過ち/公案に参ぜよ/枯坐黙照は国をも滅ぼす/蜂屋悟り/古えの士大夫の修行ぶり/見性なしに成仏はあり得ない/痴福は三世の寃/笠置の解脱上人の奇話/菩提心無ければ魔道に堕ちる/富貴と権勢に奢り農民を苦しめるやから/鹿狩、鷹狩の殺生業/殺生をいましめた源義家公/宮門跡への苦言・生活を質素にせよ/動中の工夫のすすめ/坐るだけが禅ではない/自ら率先して作務をされよ/京の御室が高野の御室を諭した話/古えのやんごとなき出家者たち/悉多太子・花山天皇/中将姫・真如大徳・光明皇后/如大尼・慧春尼/万里小路藤房・苅萱繁氏/熊谷直実・西行/地獄に堕ちた貴人のこと/醍醐、村上の両天皇/敏行朝臣・唐の武宗・梶原景時/行持とは、上求菩提、下化衆生/空見に堕するを誡める/桂山の老婆の話/地獄から戻った娘の見聞/地獄に堕ちた僧侶・貴人/地獄で苦しむ役人・高僧/さまざまな地獄の責め苦/寒と熱で責められるわけ/菩薩の道を行なわねば、必ず魔道に落ちる/正念工夫、不断の坐禅/はたらきのない二乗小果の修行/獺になった二乗小果の修行者の話/若き頃のわが禅病の体験談/門跡の禅病/三乗とは何か/二乗小果と大乗菩薩道/動中の工夫こそ大切である/一休の「坐禅すべし」の意味/五大尊像は勇猛精進の心をあらわしたもの/まずは隻手の声を聞きとどけよ//おにあざみ 巻の下 (意訳)/寛永四年の巡錫/死字の工夫/太田道灌の辞世/歴代の武士の参禅/源義家の誡め/大死一番せよ/一気に進んで退かぬこと/隻手公案のすすめ/四智とは何か/大円鏡智/平等性智/宝鏡三昧とは何か/妙観察智/成所作智/偽物の禅僧のおしえ/痴福は三世の寃/仏教界の実態
於仁安佐美 卷之上(本文・注)
於仁安佐美 卷之下(本文・注)

解説
於仁安佐美 巻之上・解説
於仁安佐美 巻之下・解説

於仁安佐美 卷之上(原本影印)