※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 学術書・禅学参考書 >> 玄沙広録 下

玄沙広録 下

商品番号
GEN3
4,320 円(税込)
数量:
入矢義高教授を中心とする語録研究班が会読・研究した『玄沙広録』の初の全訳注。その語録は鋭い批判精神の言葉と、自己変革の軌跡を精細に書き留めている。上中下全巻通しての語彙索引付。
A5判 352頁 1999.11 発行
ISBN978-4-88182-150-3
〔在庫僅少/書籍・ケースに汚れあり〕



友達にメールですすめる

福州玄沙宗一大師広録 下

〔一〕さまざまな問答と玄沙の著語
燕子鳴く―深く実相を談じ、善く法要を説く/ 灯籠を何と呼ぶか/ 三斗庵主との相見/ 長生皎然―男見か女見か/ 長生皎然―維摩の観仏/ 雪峰―“光境倶亡、復是何物”に、どう一句を付けるか/ 密師伯、見兎話のコメント/ 新到の礼拝/ 徳山から来た僧/ 雪峰の葬儀―雪峰禅をどう継承するか/ 無頼の新到/ 雪峰の牧童歌/ 神会瓦礫の話/ 雲巌掃地の話/ 一円相―誰もここから出られぬ/ 地蔵の三界唯心/ 雪峰―火炉で諸仏が説法している/ 雪峰の三界火宅/ 瑞巌主人公/ 体のみで用なき庵主―火性周遍/  山大安の黙坐/ 王延彬―住持派遣の要請/ 肇法師の頌―春風を斬るに似たり/ 仰山插鍬の話/ 倶胝の一指頭禅/ 石頭―南岳譲和尚に手紙を届けた話/ 魯祖面壁/ 山・香厳の竪払の話/ 雪峰への手紙―三張の白紙/ 雪峰の為人― 中一城の人の眼を瞎却せん/ 傅大士の言葉―この声こそ仏の居所/ 一匹の蛇―自らの目で見よ/ 長慶投機の頌
〔二〕上堂
釈迦と同参/決して人をたぶらかさぬ/般柴の普請―皆なわしのお蔭だ/麦打ちの普請―わしの腹の上で打っておる
〔三〕上堂良久―説法せずと言う莫かれ
〔四〕上堂
良久―我れ汝が為にし得て徹困なり/請う和尚接せよ/人の聴くもの少なり/学人親切の処
〔五〕上堂―あらゆる迷妄から脱却せよ
〔六〕上堂良久―識り得たるや
〔七〕上堂良久―是れ汝真実人是の如し
〔八〕上堂良久―達磨はいま目の前にいる
〔九〕上堂
すべて一個の明珠である/己の目を津梁とせよ
〔一〇〕上堂
金剛眼睛を識取せよ/ 宗門中の事/ 鼻孔をすりつぶせ/ 学人本分の事/ 劫火洞燃/ 金剛力士とは/ 涅槃とは/ 十二分教は要せず/ 瞬視を以て人を接せず/ 道場とは
〔一一〕上堂―秘密金剛体を識取せよ
〔一二〕為人説法
地上の点白/ 無縫塔の継ぎ目/ 四種極重の事/ 大耳三蔵(一)/ 稜道者との話し合い/ どうして言い得ないのか/ 迦葉門/  猴にも古鏡あり/ 世界の幅が一尺、古鏡の幅も一尺
〔一三〕 上堂
太陽こそ一切の人が成り立つ基盤/ 従上の宗旨は如何/ 入るということが方便/ 初心人への指示/ 初発心の者、古仏と肩を斉しくす
〔一四〕上堂―根源を見て取れ
〔一五〕方丈録
〔一六〕論仏心印録
達磨所伝秘密心印/ 造寺度僧して仏になれるか/ 再命入内―達磨法門/ 霊山会上秘密玄旨/ 日日に無功用の道を修せよ/ この身はどこから来てここにあるのか
〔一七〕賛頌四首
補遺
〔一〕略伝
〔二〕刹説衆生説三世一切説
〔三〕蛇を救った話
〔四〕籬を隔てての問答
〔五〕無縫塔―幅はいかほど
〔六〕無縫塔―高さはいかほど
〔七〕 下を通った二僧の評価
〔八〕三箇木毬―三即一、一即三
〔九〕飯びつの中に餓死者が坐っている
〔一〇〕光侍者―鉄船を造って海に乗り出す
〔一一〕南際長老―問うに答え得ざるもの無し
〔一二〕雪峰山の不毛
〔一三〕聞性は法界に 周す
〔一四〕魚鼓の鳴る音
〔一五〕やむことなしの方便説法―自己本来の威光を抑えての忠告
〔一六〕画月・指月
〔一七〕拈槌竪払は宗乗に適うや
〔一八〕尽十方世界は一顆の明珠
〔一九〕尽十方世界はすべて真実人の体
〔二〇〕乾闥婆城
〔二一〕深山懸崖、還た仏法有りや
〔二二〕膿がたらたら
〔二三〕一年に両度の春
〔二四〕大普玄通の礼覲
〔二五〕明真大師―仏はどこに帰結するか
〔二六〕地蔵桂 ―什麼をか喚んで門と作す
〔二七〕鏡清―一法を見ざるは大過失と為る
〔二八〕長慶慧稜―薬忌を除却せよ
〔二九〕文桶頭―無底の桶子
〔三〇〕小塘長老―昨日の喧鬧はどこへ去った
〔三一〕声明三蔵―是れ什麼の声
〔三二〕 王、柑橘を送る
〔三三〕韋監軍―日用にして知らず
〔三四〕韋監軍―曹山は甚だ奇怪
〔三五〕韋監軍―梵語を聞き取れる人はいるのか
〔三六〕行脚事―有銭養児、無銭索婦
〔三七〕王延彬―沙弥、簾を掲げて房に入る
〔三八〕王延彬―楼に登らんことを請う
〔三九〕王延彬―降龍鉢
〔四〇〕天請問経―白刃を受けて立つ
〔四一〕長慶の投機頌二首―意識の著述なり
〔四二〕師子尊者、頭を切らる
〔四三〕誌公―拈香択火
〔四四〕慧忠国師―侍者に勘破さる
〔四五〕一箇棺材、両箇死屍
〔四六〕カラスの柿供養― 山と仰山
〔四七〕香厳―枯木裏龍吟、髑髏裏眼睛
〔四八〕長耳三蔵(二)
〔四九〕趙州の入れ智慧と雪峰
〔五〇〕石霜― 界曾て蔵さず
〔五一〕霊雲と雪峰の竪起払子―中心樹子は猶お我れに属す
〔五二〕灌谿―劈箭急なり
〔五三〕太原孚上座―投子の罠にはまる
〔五四〕密室中の人
〔五五〕長生皎然―白水本仁の予言
〔五六〕安国慧球
〔五七〕天台師静上座―究得徹底の所知心は推し量ることができない
〔五八〕大章山契如庵主
〔五九〕玄沙頌一首(逸頌)
〔六〇〕示寂
碑文

あとがき
索引