※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 禅僧逸話選シリーズ >> 沢庵禅師逸話選

沢庵禅師逸話選

商品番号
TAKU
1,944 円(税込)
数量:
禅師の名前を知らない者はいないだろう。あの黄色い漬物の名前である。しかし、その実像となると以外と知られていない。本書は、禅師の生涯と、その教えを分かりやすく記したものである。

禅文化研究所編
B6判 224頁 1998.5 発行
ISBN978-4-88182-126-8 C0015


【もくじ】
はしがき
参考文献
行状篇/戦乱の時代/浄土宗に出家/改衣帰禅/貧困生活/沢庵の号/師と父母の死/三日で大徳寺を去る/布施で橋を架ける/悪僧追放/紫衣事件/配流生活/赦免――江戸はいやいや/家光との出逢い/将軍のお召し/東海寺建立/国師号を辞退/寺法復旧/我れに児孫存続の心なし/一円相の頂相/沢庵和尚の最期/和尚の遺戒/逸事篇/出生の伝説/出家の因縁/坊主は乞食なり/沢庵漬け由来/柳生宗矩との出会い/柳生家の門番/天地万物一体/東海寺といえども海近し/将軍家光と沢庵漬け/猿を打つ/家光、沢庵の兵法書に満足/梅干しと濁り酒/沢庵の早業/西瓜問答/寺領五百石と七斗二升/退屈しない工夫/出家は魚は食わぬ/愛宕山の石段登り/浄土と日蓮の宗論を裁く/八分の養生/家光に詠んだ和歌二首/沢庵の当意即妙/東海寺の万年石/江月との蕎麦粉狂歌/沢庵の自画自賛/沢庵の禅問答/東海寺の沢庵番/東海寺僧侶の墓石/弟を戒めた手紙/不動智神明録/無明住地煩悩/諸仏不動智/間、髪を容れず/石火の機/心の置き所/本心妄心/有心の心、無心の心/水上に胡蘆子を打し、捺着すれば即ち転ず/応無所住而生其心/放心を求む/急水上打毬子、念々不停留/前後際断/水焦上、火洒雲/宗矩に対する諌言



友達にメールですすめる