※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 新刊・近刊のご案内 >> 『臨済録』研究の現在

『臨済録』研究の現在

商品番号
kenkyunogenzai
12,960 円(税込)
数量:

2017/6/30 発刊


臨済禅師1150年遠諱記念国際学会論文集

世界から集められた臨済禅師と『臨済録』を主題とする最新の研究成果の集大成。

ISBN978-4-88182-300-2 C0015
A5判 上製本 函入 932ページ

平成28年(2016)5月、臨済禅師1150年遠諱記念事業の一つとして、臨済禅師と『臨済録』を主題とする世界で初めての国際学会「臨済禅師1150年遠諱記念『臨済録』国際学会」(臨済宗黄檗宗連合各派合議所、花園大学共催)が京都・花園大学において開催され、日本、中国、台湾、韓国、マレーシア、アメリカ、フランス各国の最前線で活躍する20名の学者が最新の研究を持って集まり、熱心な討論が展開された。本書はそこで提示された新資料、新知見による学術的成果の集成である。



友達にメールですすめる

目次

序……蓮沼 良直(臨黄合議所理事長)
[基調講演]
胡適の延長線上に――中国の学界における中古禅宗史研究についての反思……葛 兆光

論文編
Ⅰ 臨済禅師と『臨済録』
 臨済禅師は何故に河北鎮州へ行かれたか……荒牧 典俊
 臨済と普化―禅思想の完成と新たな聖者像への欲求―……伊吹 敦
 雪竇『開堂録』における臨済古則の意義……黄 繹勲
Ⅱ 『臨済録』テクストと翻訳
 日本伝本『臨済録』の史料的価値……邢 東風
 『臨済録』の言語に関する諸問題……汪 維輝
 『臨済録疏瀹』献疑……雷 漢卿
 臨済録の形成(改稿)……衣川 賢次
 ポール・ドミエヴィルの『臨済録』フランス語訳とヨーロッパの研究……フレデリック・ジラール
Ⅲ 臨済禅の思想と歴史
 『首楞厳経』と臨済禅……齋藤 智寬
 仏理学と臨済禅――宋代における仏教の再検討に向けて――……アルバート・ウェルター
 玄沙の臨済批判の思想的背景……土屋 太祐
 唐から五代の河北における道教……土屋 昌明
 唐宋時代における臨済宗の北方への展開……馮 金忠
Ⅳ 日本における臨済禅
日本における臨済宗の形成――新資料から見た禅宗と達磨宗……末木文美士
道元における臨済と大慧……石井 修道
鎌倉期臨済宗における『宗鏡録』の受容――円爾と『十宗要道記』――……柳 幹康
室町時代の禅僧と『臨済録』……ディディエ・ダヴァン
Ⅴ 世界における臨済禅
 『臨済録』無位真人思想の実践的展開―西翁(1912~2003)老師の참사람(真人)結社について―……孟 東燮
 雍正帝と臨済義玄――『揀魔弁異録』を中心に――……前川 亨
 近代的な物語における臨済および『臨済録』――方法論的考察……何 燕生
 現代世界における臨済禅……ジェフ・ショア

資料編
臨済録研究史資料集……臨済録を読む会編
前言
一、江戸時代の抄物
  『臨済録直記』解題
  『鈔』、『カナ鈔』解題
  『夹山鈔』解題
  『瑞巌鈔』解題
  『摘葉鈔』解題
  『臨済録疏瀹』解題
  『臨済録』講本に見える白隠禅師の解釈(『提州和尚手鈔講本』と『隠山和尚講本』を中心に)
二、近代的研究の萌芽[明治より戦前前後まで]
三、明治以後の『臨済録』提唱録(リスト)
四、戦後における『臨済録』研究史
【付録1】朝鮮半島に於ける『臨済録』の刊行と展開
【付録2】英訳『臨済録』の比較

『臨済録』国際学会総括
  『臨済録』研究の現在

執筆者(所属/専門)一覧(掲載順)