※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 学術書・禅学参考書 >> 禅の語録13 寒山詩

禅の語録13 寒山詩

商品番号
zengoroku13
9,180 円(税込)
数量:
入谷 仙介/松村昂 著
A5判・560頁
ISBN978-4-480-32313-2 C1315

寒山は謎の人物である。森鴎外が『寒山拾得』で語るように、隋のころ天台の山中で乞食生活をしたという伝説と、竹木石壁に書きちらしたという詩三百余首のみが残る。それらの作品は、実は唐の中ごろの詩だという説もある。それは奔放自在、理想境寒山に託して高い超越的境地を語るかと思えば、凡人の凡情、みにくい世態に鋭い観察を示す。大胆に俗語を駆使して、深い宗教的思索を歌ったその詩は、中国の文学における一大孤峰である。
 
全20巻・22冊のセット販売もございます。
詳細はこちらからどうぞ。



友達にメールですすめる