※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> エッセイ・ユニークな本 >> 七十を過ぎてわかったこと

七十を過ぎてわかったこと

商品番号
zokuzokusanyo
2,160 円(税込)
数量:
平成22年7月30日発売/日本図書館協会選定図書



西村惠信著(前・花園大学学長/禅文化研究所所長)
46判上製/276頁

ISBN978-4-88182-255-5 C0095

人生、七十歳代になってやっと見えてくることがあるという。
本書は、第一線から退き、人生のゴールへ向かって、下降する放物線上をゆっくりと歩まれている方々に、きっと共感を生むエッセイ全二十七話。


季刊『禅文化』連載の三余居窓話を一冊にまとめたもの。『禅坊主の後ろ髪』に続き、二冊目を刊行。




友達にメールですすめる

【もくじ】

大いなる心
手紙と人生
我が事としての老い
灰皿との惜別
梵音の響き
人生、感あり
望郷の季節
ニワトリ人生
よみがえる時間
葉落ちて根に帰す
一休さんの三面鏡
あれから五十年
わが師の思い出
野の道を歩く
さらに似ぬこそ哀れなる
朗らかなる死
アメリカで気づいたこと
ブラフト神父との四十年
吊り橋を渡る
人間、この矛盾存在
先生を見た
懴悔ざんまい
深い河
アナログ人間の弁明
「文化力」ということ
わが郷愁の蒸気機関車
私の中の宗教