※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 禅僧逸話選シリーズ >> 隠元禅師逸話選

隠元禅師逸話選

商品番号
INGEN
1,944 円(税込)
数量:
“インゲン豆”や“隠元橋”などの名前に由来する禅僧、隠元禅師。来朝によって、鎖国日本の仏教界に新たな息吹を吹き込み、江戸文化にまで影響を与えたその生涯と思想を、逸話形式でわかりやすく選集。
禅文化研究所編
B6判 224頁 1999.4 発行
ISBN978-4-88182-146-6 C0015

【もくじ】
はしがき
隠元禅師の主な伝記史料
参考図書
国師篇

一、青少年時代
少年時代/勉学に励め/宇宙の神秘を想う/結納金を旅費に父の行方を捜す/普陀山で茶頭となる/四年ぶりの帰郷/旅費を盗まれ普陀山行きを断念/四沙門果

二、出家と修行時代
母の死と黄檗山との因縁/ついに黄檗山で出家する/黄檗山復興のため勧募に奔走/諸方遍参の旅/密雲円悟に参見/大悟の瞬間/金粟山で名を知られる/狄秋庵で安居/黄檗山に戻り再び勧募/獅子巌住持/費隠通容に嗣法

三、古黄檗住山
古黄檗住山/山中に松を栽える/黄檗山の由来/伽藍の復興/黄檗での数年/福厳寺・龍泉寺住山/明朝滅ぶ/古黄檗再住と清初の争乱/明国滅亡を憂う/長崎三ケ寺/也嬾性圭、遭難

四、東渡と長崎在住
長崎からの招聘/隠元東渡/いくつかの東渡原因説/一、避乱帰化説/二、済洞僧諍説/三、他の諸説/長崎上陸/興福寺結制/長崎に降る雪/崇福寺結制

五、妙心寺招請運動
禿翁・龍渓、『隠元語録』に感銘/竺印、隠元のために奔走/江戸での竺印/龍華院建立のいきさつ/龍渓の動き/紫の唐人衣/妙心寺の反撥

六、普門寺住山/普門寺晋山/自由なき普門寺での日々/普門寺の唐人見物/黄檗僧への悪評/帰国の意志/待遇の改善/変らぬ帰国の意志/隠元、普門寺滞留を承諾/竺印、隠元から手を引く/江戸行き/将軍家綱との謁見/隠元、日本語を解す?/将軍家綱、隠元の高風を慕う/隠元、寺地を賜わる/禿翁、隠元から手を引く

七、黄檗山住山
黄檗山万福寺開創/勝性印のチーク材/本師費隠通容遷化/祝国開堂と堂宇造営/黄檗三壇戒会/放生の心/人を憐れみ、いたわる心/白鳩の給仕役/後水尾法皇との関係/さらに進む伽藍の整備/龍渓性潜の最期/遺嘱・規約を遺す/隠元の最期

付記一、隠元の念仏/付記二、隠元の伝来品/魚板/戒壇石/警策(香版)/付記三、隠元禅師略年譜/法孫篇/他人の母は、我が母なり別伝道経/血書『華厳経』惟一道実/黄檗一切経鉄眼道光/薬を売って悲願を達成了翁道覚/自分の絵を破って法を説く即非如一/種痘法を伝える独立性易/わが骨灰を水葬せよ大眉性善/講筵に伏見人形を並べる鳳潭僧濬/新田開拓に尽くす鉄牛動機/万人鍋の施粥千呆性〓/五百羅漢造立松雲元慶/美しい顔を焼いて出家了然元聡/金剛に金剛の病あり覚芝広本/煎茶道の祖、売茶翁月海元昭/天性の無頓着円通道成



友達にメールですすめる