※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 白隠禅師の本 >> 白隠禅師法語全集 第6冊 八重葎 巻之二

白隠禅師法語全集 第6冊 八重葎 巻之二

商品番号
YAE2
2,700 円(税込)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
十いくつもの蘇生譚・霊験譚をくどくどと語り終えた後、白隠禅師は最後に「これまで話して来たことはすべて絵空事で、取るに足らぬものである」と、一転して否定するのである。そして、実はもっとありがたい大霊験画ある、それは丹田に気をこらし坐禅工夫し、とにかく見性することである、と勧めるのである。そして、一旦見性した暁には、決してその悟りに安住するのではなく、さらに四弘請願輪に鞭うって、「上求菩提、下化衆生」の、永遠の「悟後の修行」をせよ、と勧める。ここに本書を著わした禅師の真の意図があろう。
本書は一見したところ、伝統的な因縁物語り、地獄話のようではあるが、禅師が真の上士に求めているのは、あくまで「菩提心」「四弘請願」「利他行」といった菩提道の課題に他ならないのである。
芳澤勝弘 四六判 350頁 2000.3.27 発行
ISBN978-4-88182-136-7 C0015

【本文より抜粋】
宝暦三年の春、沼津の東、黒瀬の渡しの南に二ツ谷という所があるが、そこのある家の十八歳になる男子がにわかに煩い出した。二三ヶ月病んでいたが、医者も祈祷も験(しるし)なく、ついに息をひきとった。家の者が泣き悲しんでいる所へ、日頃出入している修行僧が二人やってきて、「お悲しみになるのはもっともなこと。けれども、いくら嘆き悲しんでも、少しも病人のためにはなりません。現当二世のためには、皆さんで十句経をお誦みになることです」と、線香をともし、声たかだかと誦み始めたので、みなもその通りだと同音に誦み出した。すでに百遍にもなったと思われる時、不思議なことに、死んだはずの病人がむっくりとはね起き、にっこり笑って・・・・―本文「沼津二ツ屋の若者の物語」より



友達にメールですすめる

【もくじ】
やえむぐら 巻の二 (意訳)
八重葎巻之二 つけたり、延命十句経霊験記
延命十句経のいわれ/三条通町家の女房の物語/孫敬徳の話/王玄謨の話/座頭円の都とお綾の物語/備州の癲狂した武士の話/小屋野と里介の物語/薄島のお蝶の物語/美濃灰原の盲童の物語/伊豆のお床の物語/沼津二ツ屋の若者の物話/江戸聖坂、左官屋の女房の物語/桂山の老婆の物語/黙照邪禅の僧の幽魂の話/江戸岡田氏の長男の話/以上の霊験話は絵空事/真の大霊験とは/仏国土の因縁、菩薩の威儀

八重葎 卷之二(本文・注)
八重葎卷之二 附たり

解説

八重葎 卷之二 (原本影印)