※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 禅僧逸話選シリーズ >> 禅門逸話選 中

禅門逸話選 中

商品番号
ITUWA2
3,024 円(税込)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。
逸話はまさに「人間記録」そのもの、生きた禅そのものである。日本の禅僧を中心とした佳話、奇話、珍談、ありとあらゆる禅話・逸話800余話を収録した。(残部僅少)
禅文化研究所編
四六判 1987.12 発行
ISBN978-4-88182-068-1 C0015



友達にメールですすめる

【もくじ】
宗峰妙超
誕生/書写山で大疑を抱く/高峰顕日に参ずる/南浦紹明に嗣法する/五条橋下の乞食仲間に/辻斬りを退散さす/真桑瓜につられて召される

関山慧玄
五十一歳で再行脚に出る/大灯国師と関山/伊深の里で牧牛する/花園法皇、妙心寺を造営される/国師の笈子/雨もりする丈室/丈室修理の申出を喝す/椽板で風呂をたく/雲水を雨から守るために茶の木を伐る/慧玄が這裏に生死なし/柏樹子の話に賊機あり/立亡

至道無難
宿屋の伜に生まれる/無難、出家の熱意/濡れ衣をかけられる/白紙一枚で悪霊退治/白木屋主人と無難/色男の嫌疑をかけられた無難/無難禅師の道歌

大綱宗彦
へちま賛/僧の徳、地に落つるを嘆く

笠屋旧室
禅僧を試みる

瑩山紹瑾
黒漆の崑崙、夜裏に奔る

栄西
わが国最初の禅寺建立/『興禅護国論』/道元、栄西に参ず/仏像の光背を貧者に供養

白隠慧鶴
地獄の恐ろしさに泣く/天神さまの信仰心も揺らぐ/観音信仰の功徳もなく出家を志す/修練に燃えて激流を渡る/三たび乞うて出家を果たす/詩文を読みふける/『禅関策進』との出会い/無双の大器と看破/大愚の墨蹟を見て発奮/難船をまぬがれる/暁の鐘声に大悟する/正受老人を知る/慢心に正受老人の鉄拳をくう/地に倒れて大悟する/母の夢をみる/正受老人の期待/正受庵を去る/肺病を病む/白幽仙人を訪ねる/鉄心道印の風を慕う/『槐安国語』/岩滝山での修行/魔境/白隠、他人の赤子の父親となる/ねぎ問答/延命十句観音経/池田継政侯にする鉢を乞う/大名にきび餅を食わす/江戸深川町に留錫/小出英智侯に一句/三日前に死を予期する

白隠門下の居士大姉など
政女、わが子を忘れる/政女に舌をまいた雲山/阿三、鶏鳴で悟る/阿三、白隠をへこます/阿三の辞世/阿察、お経箱に腰かける/阿察、孫娘の死に号泣する/茶店婆/原駅婆/遊女大橋、落雷で大悟する/大橋、尼となる/大橋の遷化/庄司幽徹/十八歳で悟った阪自洞/自洞、東嶺に参ずる/白洞、峨山に参ずる/山梨了徹-放蕩者の平四郎/狂僧、経文で尻をふく/石衣和尚、石を抱いて暖をとる

遂翁元盧
老師は呼んでもわしは呼ばん/酒・碁・画/あわや溺死/酔翁を改める/東嶺和尚のところへ行け/あと七日/綿で頭をなでるがごとき家風

久我環渓
廃仏に抗する/神官も坊主頭になれ/会衆に向かって大喝一声/将校、酔いつぶれる/聞いて百文、見て一文/団十郎と歌の応酬/万巻の経に勝る一喝

鈴木正三
乱心といつわって出家/ぬけがら坐禅は役に立たぬ/家老を戒める/時には肉食をした正三/正三、辻斬りにいく/『破吉利支丹』/道歌二首

鉄文道樹
大事発明の一掌/呼吸の歌

義堂昌碩
愛弟子峨山/薩摩屋敷で拷問さる/和尚の一喝に会津兵も仰天/峨山のへらず口を叱る

日置黙仙
けちんぼを治す法

原 担山
女に裏切られる/かたつむりの住まい/あわや癲狂院に/易者で飯を食う/淫欲/奉加帳/恬淡/本心を拾う/女を抱く/酒も飲まんような者は/天狗より人が上だ/名前も焼けた

快川紹喜
心頭滅却すれば、火もまた涼し

蘭山正隆
小笠原侯の帰依をうける/布施で粟を買って乞食に施す

蘭陵越宗
山中に隠栖する

牧宗宗寿
通行人に金を無心する

霊源慧桃
臍に腫れものを患って大悟

豊田毒湛
酒豪の潭海和尚と弟子の毒湛/酒壺に経を誦む

羅山元磨
火のついた線香を握って、睡魔をはらう/妙心寺晋住

柳生宗矩
剣の奥義/猿に師範代をさせる/托鉢僧との胆だめし問答

卍山道白
一師印証の古風を興す

春屋妙葩
最初の僧録司となる

雪村友梅
入元の苦労/思いもよらみ母との再会/赤松円心と雪村

千 宗旦
茶禅一味

梅天無明
官職を辞して出家

ありがたや与一兵衛
「ハッ、ありがたい」で一生くらす

佐々助三郎
妙心寺で修行していた「助さん」

卍庵
毒薬をもられて大悟/香川景樹/誠拙に参ずる

海州楚棟
坐禅で魔を退散さす/禅者と観音力/貧民を供養する/楓樹を伐り倒す

西郷南洲
無三和尚に参禅する/西郷の坐禅石/活きた実物を見せなさい/炭火も使い用/さつまいもを食べて禅談/刺客に「ご苦労さんでごわす」/狐に化かされた西郷どん/長屋も立派な邸宅だ/天を相手に仕事をするのじゃ/遺偈/すり「若衆の金太」と西郷どん

勝 海舟
おれは撃てんぞ/無我の妙諦/維新の難関を坐禅で突破

塚原卜伝
無手勝流/見越しの術

越渓守謙
悟ればわかる瞋拳の味/公爵さまも布告の尻尾

伊達自得
禁固中に大蔵経をよむ/初相見で越渓になぐられる/今北洪川に参ずる/和歌禅

淡海狂僧
大寺の和尚、乞食坊主にしてやられる

橋本独山
数も覚えられない愚鈍さ/鉄斎門下に入る/大疑を抱き鉄斎のもとを出奔する/鹿王院峨山のもとに投ずる/鹿王院で得度する/海軍大将、独山に参ずる

今北洪川
幼にして儒を学ぶ/儒学に疑問を抱く/妻子を離縁して出家/鬼大拙の門に入る/儀山善来に嗣法/鳥尾得庵、大喝される

歌女
化粧も忘れて工夫三昧/母子とも仏道を行ずる

智教尼
純円尼を改宗さす

山岡鉄舟
吹毛不曾動/無刀流を開創する/鉄舟、野良犬を救う/道を求めて箱根越え/悟りとビール/我一人でも仏教を信ず/ほんとうに情欲を断つには/商いに励んで子供の供養をせよ/舌をなくさねば落語はできん/死物の禅は道楽仕事じゃ/禅が盛大になったところで/師家も学者も妄想の上塗りだ/浄穢不二/談話中に高鼾/昔の苦労を忘れるな/英雄、英雄を語る/次郎長の手紙/次郎長、堪忍する/自由/東洋流の慈善会/乞食供養/死を前に海舟と語る/死の床から円朝に落語をやらせる/団扇を片手に入滅

二宮尊徳
学ばず習わず自得して忘れず/不動尊

黙伝宗璞
雨乞い/丼の水で阿波の火事を消す/灘の宮水

坂上宗詮
井上侯一本参る

釈 宗演
菓子を褒美に小僧となる/寝ころんだ小僧に一礼した師匠/禅は凡夫の修行じゃ/並の坊主とは違うわい/予言者の訪問/美人画賛

西山禾山
焦禾山/蚤に放生行/三遊亭円朝と禾山/円朝落語の枕/路傍でも入室を乞う/呵々大笑/朝潮を応援する/遠慮の塊りを尻目に/雷鳥女史、腰巻き一枚になる/禾山、国会を傍聴する/金で法は売らんわい

渡辺南隠
はじめは排仏家/真夏に綿入れを着て炎天下を歩く/初対面の鉄舟の前でゴロ寝/今どきの修行者は虫色果というものじゃ/峨山と南隠/自分の体こそ大敵じゃ/施主と坊さんの心が一致せねば供養にならん/排金宗などまっぴらご免/義太夫好き/雲照律師と南隠の押し問答/ただの茶飲み友達だと思っていたが/落とした金より拾った人を心配/時計嫌い/精進料理/無頓着さの中の細心/ソウダ宗とダロウ宗/出家の因縁となった霊薬/隠山家と卓洲家/死ぬことは心配ないぞ/尼みたいな坊主/自信家の学者をへこます/律宗と天台と禅の托鉢/ぬいだ下駄はどうした/寝床に腹ばいのまま相見/智恵があってもあかんぞェ/金ほど悪いものはないのゥ