※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 学術書・禅学参考書 >> 玄沙広録 中

玄沙広録 中

商品番号
GEN2
4,104 円(税込)
数量:
入矢義高教授を中心とする語録研究班が会読・研究した『玄沙広録』の初の全訳注。その語録は鋭い批判精神の言葉と、自己変革の軌跡を精細に書き留めている。
A5判 338頁 1988.7 発行
ISBN978-4-88182-071-1

〔在庫僅少/書籍・ケースに汚れあり〕



友達にメールですすめる

【もくじ】
福州玄沙宗一大師広録 中

〔一〕 徳彦の五間
第一間-三句為人底の仏/第二間-文殊の智/第三間-普賢行-/第四間-観音行-/第五間-三分の仏性-
〔二〕 三句の綱宗
徳彦、細説を請う/第一句綱宗/第二句綱宗/第三句綱宗31/頌
〔三〕 雪峰、長老たちとの応酬
仏法の有無/死-水が水に戻ったようなもの/三箇の木毬-全機捷持/一面の田地/三箇の木毬-斫牌の勢-/是什麼-具足の岱闍梨-/性海/日常の仏性/見色見心/乾坤を把断する男
〔四〕上堂-心法無形、通貫十方
〔五〕大●塔へのお参り
〔六〕見聞覚知
〔七〕上堂-用処無功の世界-
〔八〕上堂-三種の病人-
〔九〕真賛
〔十〕頌二首
志超の愚痴/四威儀の実践
〔一一〕王令公の茘枝とそれに続く訓戒
只だ是れ茘枝/訓戒
〔一二〕韋監軍との対話
本体とは/監軍のお招き/白紙の書状/具足の盞托子
〔一三〕王令公の贈り物-葛衫-
〔一四〕王令公の贈り物-●欖-
〔一五〕亡僧
〔一六〕竹尺子
〔一七〕●杖
〔一八〕竹●の使い方
〔一九〕茶盞子の在りよう
〔二〇〕香炉
〔二一〕上堂とそれに続く問答
如今現成/三際に求むる心/三世の仏身/達磨の伝法偈
〔二二〕さまざまな問答
王大王の贈り物/香炉/衫袖/三世諸仏一時現前/見聞/言中らざる時/漆桶になれ/安国の家風/体本無生/払子/尊体万福
〔二三〕上堂-大道虚曠
〔二四〕惟勁の質問
一面の田地のまん中の樹/水の水に帰するが如し/仏出世前の事と出世後の事
〔二五〕上堂-仏道閑曠-
〔二六〕危なかった見解
〔二七〕●杖と鏡
〔二八〕極則の●杖
〔二九〕招慶院の法要に遊ぶ
到着の挨拶/太尉との会見-本来性と日常性-/再び太尉の参見/禅客たちとの挨拶-保福-/禅客たちとの挨拶-明真大師-/禅客たちとの挨拶-従●長老-/禅客たちとの挨拶-道麟上座-/禅客たちとの挨拶-匡上座-/再び招慶と-人人の桑梓-/お茶の招待/泉州の人口/宗門中の道堋/南宅に遊ぶ/南宅での上堂/帝公(一)/帝公(二)
〔三〇〕招慶院での公式の上堂
皆な共に法友/日用底の事/幽玄な道を明晰に語る人/大道体真の時/真妄/目前を犯さざること/道い得ざる処/僧正大師の問い/理契無方、言中諦当/維摩気取り/作家になる修行とは/百法座主の問い/格外に出づる玄沙の一句/きまじめな僧の問い-二聖一王-/格外に出づる為人の法とは/大用現前の人/親伝の事とは/者裏を出で去る方法とは/乾坤を把定する人は/北客の問い/日用と道/明星現わるる時/何も思わぬ時/東報国僧の問い/自行三昧/如来とは/大尉の日用底/道人の相見/道場/空の本質/末後の一句/上堂終止の頌
〔三一〕上堂-全世界はあるがままの円成-
〔三二〕別離に際しての訓誨
送別の茶会(一)/送別の茶会(二)/ここから出られるか/招慶の主人公/人人具足道、人人具足仏/具足のことわり/具足道、具足仏/綱宗第一句/綱宗第二句/綱宗第三句/すばりと説け/諸法実相をどう説くか/一片になれ
〔三三〕拈古
三祖は半分しか言えていない/侍者を三度呼んだ国師
〔三四〕侍者への一打ち
泰定二年刊記
玄沙の葛藤