※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 新刊・近刊のご案内 >> 禅僧が語る 安永祖堂老師 「法は人によって尊し」

禅僧が語る 安永祖堂老師 「法は人によって尊し」

商品番号
zensou_yasunaga_new
1,650 円(税込)
数量:
令和元年10月15日発売
DVD・冊子付き・53分
ISBN978-4-88182-317-0

■ 映像を観て聞いて、禅に親しむ ■
社会の変化が激しい現代、我々はこれから何を捨て、何を大切にして生きていけばよいのか……。
自ら長く厳しい修行をし、また弟子を育ててこられた、禅宗を代表する高僧方に、その指標となる言葉をいただいた、DVD「禅僧が語る」シリーズ第13弾。
ご自身の生い立ちや、師匠のこと、雲水を接化される参禅のことなど、お話の内容はそれぞれにユニークで興味深い。



【方広寺第四九三世 安永祖堂老師】
昭和31年(1956)、愛媛県の生まれ。室号・薔薇軒。18歳、会社員だった父親の生家である愛媛県西条市の香積寺にて、叔父である安永穎宗和尚について得度。昭和49年(1974)、花園禅塾に寄宿しながら花園大学に通い、卒業後、天龍僧堂に掛搭し平田精耕老師の膝下に参禅、15年の修行を経て嗣法。大阪の松雲寺住職を経て、花園大学教授に就任し教鞭を揮う。

【もくじ】
-方広寺を訪れるリポーター
-講演する安永老師
-幼少期~学生時代
-修行時代
-松雲寺住職
-開山堂案内案内・伽藍
-東西霊性交流
-花園大学教授
-管長就任
-贈る言葉



友達にメールですすめる

今年春に晋山されたばかりの方広寺派新管長・安永祖堂老師は、昭和31年(1956)、愛媛県の生まれ。室号・薔薇軒。18歳、会社員だった父親の生家である愛媛県西条市の香積寺にて、叔父である安永穎宗和尚について得度。昭和49年(1974)、花園禅塾に寄宿しながら花園大学に通い、卒業後、天龍僧堂に掛搭し平田精耕老師の膝下に参禅、15年の修行を経て嗣法。大阪の松雲寺住職を経て、花園大学教授に就任し教鞭を揮う。
 令和元年(2019)、方広寺派管長ならびに僧堂師家に就任。東西霊性交流にも参加、また自坊にて外国人相手の坐禅会を行なってこられたグローバルな時代の老師である。新鮮な風のようなお話を聞くことができた。