※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 学術書・禅学参考書 >> 禅の語録18 無門関

禅の語録18 無門関

商品番号
zengoroku18
7,020 円(税込)
数量:
平田高士 著
A5判・252頁
ISBN978-4-480-32318-7 C1315

『無門関』は、臨済禅の代表的な公案集として『碧巌録』と共に世に知られる。中国南宋の人で楊岐派八世の法孫、無門慧開によって編せられた。楊岐派四世の圜悟により作られた『碧巌録』に遅れること約百年である。その内容は『碧巌録』に比べて平明簡潔であり、古則も『碧巌』や『従容録』の百則に対して四十八則しかない。その第一則である「趙州無字」のわ話は今もなお修行者への初関として世に知られている。
 
全20巻・22冊のセット販売もございます。
詳細はこちらからどうぞ。



友達にメールですすめる