※年末年始、お盆、土日・祝日はお休みをいただいています。

禅文化研究所 >> 季刊『禅文化』 >> 季刊 禅文化 240号

季刊 禅文化 240号

商品番号
k240
1,296 円(税込)
数量:
2016年春号 4月25日発刊



友達にメールですすめる

*もくじ*

-特集 東京・麟祥院とゆかりの人々-

「からたち寺」逸聞/矢野宗欽
湯島麟祥院の歴史/竹貫元勝
❖ グラビア 湯島・麟祥院の霊宝
グラビア作品解説/花園大学歴史博物館
 
 
禅の見方、考え方 (四)/古川周賢
新造の禅語 「即今・当処・自己」は禅語なのか(一)/加藤一寧
沢庵禅師と泉南の新川盛政
 ―卜半椿その後―/湯谷祐三
堪え難きを堪え
 ―戦後を禅僧として生きて―/寶積玄承
善財童子の求道ものがたり (三十七)
 ―菩薩道五十三次 マガダ国ブッダガヤの菩提道場 吉田の宿駅―
 /小林圓照
禅宗語録入門読本 26 雲巌と洞山 (下)/小川隆
最後の光芒 (中)要説・中国禅思想史45/伊吹敦
部分から全体へ 寺院建築入門 (九)/佐々木日嘉里
― 病いはそのまま法の声 ―「からだ様」は神様です
 第二回 初夏のヤル気回復祈念/樺島勝徳
三余居窓話 (余滴・十)―ある新年の集まりにて―/西村惠信
禅における心身について
 (十二)ブッダ本来の言葉と禅 (七)/佐々木奘堂
蘇った鎌倉時代の彫像
 ―建長寺開山・蘭渓道隆禅師坐像大修復―/川辺紀子
睡猫庵歌話 (十二) 「平成父母恩重経」
 ―大松達知『ゆりかごのうた』―/大下一真
❖寺庭さんのリレー・エッセイ❖
 変わりゆくお寺/亀山泰子

表紙解説/東野鈴奈
いっぷく拝見
編集後記《すずろごと》
『禅文化』バックナンバー
禅文化研究所の本
切り絵/田中道男